1. ホーム >
  2. イベント・レポート一覧 >
  3. 中野小学校「車いす体験等の福祉教育」

中野小学校「車いす体験等の福祉教育」のお手伝いをさせていただきました。
~2017.11.3~

中野小学校「車いす体験等の福祉教育」の様子 中野小学校「車いす体験等の福祉教育」の様子 中野小学校「車いす体験等の福祉教育」の様子
中野小学校「車いす体験等の福祉教育」の様子 中野小学校「車いす体験等の福祉教育」の様子 中野小学校「車いす体験等の福祉教育」の様子

中野小学校「車いす体験等の福祉教育」のお手伝い。

11月13日、中野小学校で開催されました「車いす体験等の福祉教育」のお手伝いをさせて頂きました。

今回は4年生2クラスの78名を対象に、都島区社協の方々、障害者自立生活センター・作業所の方々、地域の方々、保護者の方々等、約30名のチームで開催され、当社は車いすの手配と、当日の授業進行、見守りのお手伝いをさせていただきました。

福祉授業は2時間目より始まり、まず講堂にて自立生活センターの方々が車いすの開き閉じ方、乗り降り方、段差の乗り越え方などの操作、注意事項の説明をされました。
その後学校の外周に沿って設けられた体験コースを2クラスに分かれ、乗り手、押し手、見守る人、観察者の4人が1チームとなり、順に車いすを体験されていました。
校外は歩道の段差や側溝へ向かっての傾斜等があり操作に苦戦されていましたが、皆さん助け合いながら難所をクリアされていました。

3時間目は作業所の方々が講師となり車いすを利用される側としてのお話をされました。その後、生徒の皆さんは4班に分かれ、学校にはどうやって行っていたのか、体育の授業はどうしていたのか、遊園地に行けるのか、お風呂はどうやって入っているのか、など率直に思ったことを積極的に聞かれていました。
まずは知ることからすべてが始まるとのことで、今回の様に車いすの操作を経験したり、車いすを利用されているかたのお話を伺ったり、それぞれ感じたり学んだことが沢山あるかと思います。

今回の経験が、車いす利用者やバリアフリーへの理解へと繋がっていただければ大変嬉しく思います。
(ライフメッセージ 中西 了)

ライフメッセージ 会社概要

車いすマップ フラッと。

ページの先頭へ